2016年10月5日

Dyson V6 Car+Boat Extra 新製品発表会。
微細な粒子を99.97%捕えて車内掃除に大活躍するハンディクリーナー

コードレス掃除機市場をけん引するダイソンから、9月27日ハンディクリーナーの新製品Dyson V6 Car+Boat Extraが発売になりました。ダイソン デジタルモーター V6と、特許の2 Tier Radial™(ティアーラジアル)サイクロンを搭載した、高性能なハンディクリーナーにあらゆる車掃除に使用できるツールを付属した製品。10月5日に行われた製品発表会では、その製品に込められた技術の紹介や、付属ツールのデモンストレーションが行われました。

車内には、多数のダニやアレルゲンがいる

多くの記者の方々が詰めかけ、会場は満席で始まった発表会。冒頭、PR担当からダイソンの独自調査結果をもとに、車内ゴミの現状が紹介されました。
「ダイソンでは、2016年の春に子どもや愛犬のいる10名の方の車掃除を行い、そのゴミを調査しました。その結果、車内には食べこぼしだけでなく、目に見えないアレルギーの原因となるようなゴミも多数存在していました。たとえば、ダニや昆虫はすべての車の中から検出。またその量は床面よりシートで多く見られ、カビ(真菌類)も全対象者から検出されました。愛犬と同乗する頻度の高い方の車からは非常に多くのダニが検出されたケースもあり、その量は1gあたり850頭。2014年にダイソンが実施した寝具を対象としたハウスダスト調査の最高値の350頭/gを超える結果でした。その理由として、車内にはダニのエサとなる毛、アカ、皮膚片などの有機物も多く存在しているためだと考えられます」

しっかり取り除き、排気もきれいにするテクノロジー

続いて、製品担当から製品に込められた高度な技術が説明されました。
「車内の目に見えるごみだけでなく、ダニやカビなどの微粒子もしっかりと取り除くDyson V6 Car+Boat。その高い吸引力を生み出すのはダイソン デジタルモーター V6で、非常に小型でありながら、毎分最大110,000回転します。実際、IEC(国際電気標準会議)に準拠した社内試験で、国内売上げ上位のコードレスハンディクリーナーの吸引仕事率を比較したところ、ダイソン デジタルモーター V6は吸引力の高さに格段の違いがありました。

手にしているのはダイソン デジタルモーター V6。この小さなモーターが高い吸引力を生む。

またこの製品には特許の2 Tier Radial™ サイクロンを搭載。 2層に配置された15個のサイクロンが同時に機能することで風量を強め、しっかりと空気から微細なゴミを吸い取ります。その結果、ダストカップが満杯時にも吸引力が変わりません。
車内を掃除するにはゴミを外に再排出しないことも重要です。Dyson V6 Car+Boatは密閉性の高い製品設計のため、捕集したゴミをしっかりと筐体内に閉じ込めます。サイクロン技術でしっかりと分離した後に、ポストモーターフィルターを通過。このように密閉性の高い製品設計、サイクロン、ポストモーターフィルターによって、最終的に0.3ミクロンもの微細な粒子まで99.97%筐体内に捕えることができます。
そのため、Dyson V6 Car+Boatからは嫌な排気臭を感じることがありません。これらの排気性能、集塵性能により国際研究機関Allergy Standards Limitedによりasthma & allergy friendly™に認定され、アレルギーやぜんそくをお持ちの方にもより適した製品であると認められています」

2 Tier Radial™ サイクロンでゴミと空気を分離し、ポストモーターフィルターで微細な粒子まで99.97%捕える

車内を徹底的に掃除できる、充実のツール

最後に、付属ツールを使用したデモンストレーションを実施。実際に廃車になったシートを使用して掃除します。その高性能なクリーナーの実力を見ようと、記者の方々の熱い視線が注がれていました。

「表面上、きれいに見えるシートにも、奥にゴミが入り込んでしまっている場合があります。そんな時にも付属のツールを使いこなすことで、徹底的に車内を掃除できます。
粘着シートで車内の掃除する方もおられますが、表面のゴミは取れても奥に入り込んでしまっている細かいゴミまでは、なかなか取りきれません。この製品では付属のツールを駆使して車内のあらゆる場所を掃除することができます。

Dyson V6 Car+Boat Extraの付属ツール。6つの付属ツールと、カーチャージャーを同梱。

・ミニ モーターヘッド
シートの汚れに最適なこのツールには、モーターが内蔵されています。モーターの力でブラシを高速回転させ、非常にパワフルな掻き取りができるツールです。シートにこびりついた細かいゴミや毛をとりのぞき、フロアマットやチャイルドシートにも使えます。

・隙間ノズル
狭い隙間や奥の入り込みづらい場所に最適なツールです。シートの背と座面の間に入り込んでしまったゴミや床面の隅、ドアポケットなどに向いています。

・コンビネーションノズル
ブラシとノズルを2パターン使い分けることができます。ノズルの状態では吸い込み口が大きいので、食べこぼしなど大きなゴミが非常に吸い取りやすくなります。ブラシを出した状態では、柔らかいこのブラシがエアコンの吹き出し口やダッシュボード、スイッチ回りなどデリケートなところのお掃除に便利です。

・延長ホース
伸ばすと1.2メートル延びるホースは、ミニ モーターヘッドを除く全てのツールに取り付け可能です。たとえば、シート下の手が届きにくい場所にも届き、隙間ノズルをつけると奥までしっかりと吸い取れます。また、腕力の弱い方など掃除中に腕に負担がかかる場合には、延長ホースをつけて本体はシートの上に置いて掃除すると、非常に軽い操作で掃除ができます。

・ハードブラシツール
固くてコシのあるブラシが付いているので、フロアマットの泥汚れをゴシゴシ擦り取ることができ、マット下やトランクの汚れなどの掃除に適しています。

これに加え、新製品Dyson V6 Car+Boat Extraでは車内で充電可能な車載シガーソケット12V 充電器とソフトブラシを同梱。カーオーナーの方にはぜひお勧めの一台です。また使い方を工夫することで、寝具や室内の掃除にも使用できます」

シート下の手が届きにくい場所も掃除ができる

プレスリリース

Dyson V6 Car+Boat Extraはダイソン直営店オンラインショップのみの限定発売、Dyson V6 Car+Boatは各販売店でも取扱っています。秋のレジャーやスポーツで汚れた車内の掃除に、年末の大掃除に、その高い吸引力をぜひお試しください。

Dyson V6 Car+Boat Extra の詳細はこちら
Dyson V6 Car+Boat Extra 公式オンラインストアはこちら



ダイソン公式ホームページ
http://www.dyson.co.jp

ダイソン ジャパンをFacebook / Twitterでフォローしてください。
https://www.facebook.com/DysonJP
https://twitter.com/DysonJP

一覧に戻る