概要|Dyson Airwrap™スタイラー|Dyson
過度な熱に頼らずに
カール、ブロー、
ドライを思いのままに
ヘアケア製品
30日間お試し
返金保証キャンペーン
対象購入期間:
2019年6月27日(木)~ 2019年8月4日(日)
  • ヘアスタイルの概念を変える
  • 風で髪を引き寄せてカールをつくります
  • コアンダ効果によって髪をスタイリング
  • ダイソン デジタルモーター V9で実現
  • 過度な熱に頼らず、ドライしながらスタイリング
ヘアスタイリングの概念を変える
カールやウェーブをつくる大きさの違うカーラーや、髪にボリュームを与えたり、クセを伸ばしてなめらかにするブラシが付属。Dyson Airwrap™スタイラーはコアンダ効果を応用して、過度な熱に頼らずにスタイリングを実現します。
風で髪を引き寄せてカールをつくります
コアンダ効果によって髪をスタイリング
ダイソン デジタルモーター V9で実現
ダイソン デジタルモーター V9
Dyson Airwrap™スタイラーは、ダイソン デジタルモーター V9 を搭載しています。毎分最大110,000回転し、3.2キロパスカルの風圧を生み出すことで、コアンダ効果を発生させます。
過度な熱に頼らずにスタイリングできる理由
髪をスタイリングするには、髪の形状を保持する水素結合を切り、形をつくってから、再結合させる必要があります。
Dyson Airwrap™スタイラーが過度な熱に頼らずにそれをどのように行うかをご紹介します。
過度な熱に頼らず、ドライしながらスタイリング
Dyson Airwrap™スタイラーは、濡れた髪を乾かしながらスタイリングできる設計。パワフルな風とコントロールされた熱で、過度な熱に頼らず、ドライしながらスタイリングを実現。
インテリジェント・ヒートコントロール
150ºC以上の温度は、過度な熱による髪のダメージをもたらすおそれがあります。230ºCを超えると髪が溶けます。Dyson Airwrap™スタイラーのサーミスター(温度センサー)は、風温を毎秒40回以上測定し、マイクロプロセッサーに伝えます。マイクロプロセッサーは発熱体をインテリジェントにコントロールして温度を150ºC以下に保ち、過度な熱によるダメージを防ぎます。
いろいろなニーズに対応する複数のアタッチメント
風で髪を引き寄せてカールをつくります
Dyson Airwrap™スタイラーは、コアンダ効果と呼ばれる空気力学の現象を応用。風の力で髪を自動的に巻きつけ、カールをつくります。
プレートで髪を強く挟んだり、ひねったりする必要もなく、大きめのカールも、小さめのカールも思いのまま。
スタイリストによる施術のような、なめらか仕上がりのブロー
スムージングブラシは、コアンダ効果によって、髪をなめらかに整えます。ブラシの表面に発生するコアンダ気流が髪の流れに沿って流れ、スタイリストによる施術のようなブローを実現します。
Dyson Airwrap™スタイラーのラインアップ
Dyson Airwrap™スタイラー Complete
全てのレビュー
4.5 /5
93のレビュアーがお友達に推薦しています。
使い方など役立つ情報
お電話でのお問い合わせ
ダイソンお客様相談室
0120-295-731