ダイソン、Dyson Ball Animal+Fluffy掃除機を発売|プレスリリース|ダイソン

2016年10月20日

Dyson Ball Animal+Fluffy掃除機
他のどの掃除機よりも多くのゴミを吸い取ります。1

ダイソン株式会社(東京都千代田区:代表取締役 麻野信弘、以下ダイソン)は、2016年10月20日(木)にキャニスター型掃除機「Dyson Ball Animal+Fluffy掃除機」 (読み方:ダイソン ボール アニマル プラス フラフィ)を発表いたしました。2つのクリーナーヘッドでさまざまな床面に対応し、強力で安定した吸引力を提供します。キャニスター型掃除機のラインナップに新たに加わったダイレクトドライブクリーナーヘッドにより、カーペットの奥深くから最も多くのゴミを吸い取ります。またソフトローラークリーナーヘッドは、フローリングや畳から大きなゴミから小さなゴミまで、最も多くのゴミを同時に吸い取ります。2 

問題

ハウスダストにはアレルギー症状を引き起こす可能性のあるアレルゲンが含まれています。ヒトの皮膚、ダニの排泄物、花粉、菌、繊維、バクテリア、食べかす、植物、昆虫、化学物質。このすべてがハウスダストに含まれます。たった0.5ミクロンのアレルゲンもあり、これは毛髪の直径と比べると200分の1ほどです。呼吸とともに体内に取り込まれると、アレルギー症状を引き起こす場合があります。

アレルゲンは空気中に浮遊しているものだけではありません。花粉や呼吸器系に影響を及ぼすアレルゲンは室内にも多く存在し、床や家具などのさまざまな表面に付着しています。ソファに座ったり人が部屋の中を移動するだけで何千もの粒子が空気中に舞い上がり、呼吸によってその粒子が容易に体内に取り込まれアレルギー反応を引き起こす可能性があります。高い集塵性能を持つ掃除機と効果的な清掃器具を用いた定期的な掃除を通じて室内のアレルゲンを減らすことが可能です。

従来の掃除機のクリーナーヘッドの多くは、異なる素材の床面からホコリとゴミをしっかりと取り除くことに適しておらず、さまざまな床面から効果的にゴミを吸い取っているわけではありません。また、プレミアム価格帯の掃除機のクリーナーヘッドは1種類の床面の掃除に特化した設計のため、異なる素材の床面からホコリとゴミをしっかりと取り除くことに適していません。

解決策

Dyson Ball Animal+Fluffy掃除機は2つのクリーナーヘッドを搭載し、さまざまな床面から最も多くのゴミを吸い取ります。Dyson Ball Animal+Fluffy掃除機は、異なる床面で最高の集じん性能を発揮する2つのクリーナーヘッドを有し、ソフトローラークリーニングヘッドはフローリングや畳で他のあらゆる掃除機をしのぐ集塵性能を発揮し、またダイレクトドライブクリーナーヘッドは他のどんな掃除機よりもカーペットの奥深くからゴミを掻き出す1 ため、より徹底的な掃除に最適な一台です。

クリーナーヘッド

硬いナイロンブラシを採用しているダイレクトドライブクリーナーヘッドは、カーペットの奥深くまで入り込み、ゴミを掻き出します。ダイレクトドライブモーターはブラシバー自体に内蔵されているため、ブラシバーの重量配分が中央に集約され、硬いナイロンブラシがカーペットの奥まで入り込み、深い場所の汚れを取り除きます。同時に、ブラシバーは常に床との密閉性を保ちます。カーボンファイバー繊維がフローリングから微細なホコリを取り除きます。さらにナイロンブラシとカーボンファイバーブラシの両方が、ブラシバーの全幅をカバーするため、端から端まで掃除できます。

ダイレクトドライブクリーナーヘッドのその他の特長:

  • V-BallTMテクノロジーの採用により即座に方向転換でき、思いどおりにコントロールできます。ぎこちない動きとは無縁です。
  • クリーナーヘッド前面のベロアバンパーが床や家具、壁をキズから守ります。
  • 厳選した設計材料で強度と耐久性を向上しています。

大きなゴミから小さなゴミまで同時に吸い取るために開発されたソフトローラークリーナーヘッドは、硬いブラシを搭載したブラシバーに替えてナイロンフェルトで覆われた全幅サイズのローラーを搭載しています。回転するナイロンブラシで大きな多きゴミを絡め取り、静電気の発生を抑えるカーボンファイバーブラシが微細なホコリを吸い取ります。ローラー内部に搭載されたダイレクトドライブモーターによって、ローラーの全幅を利用して端から端まで掃除できます。

【テクノロジー&開発】

2 Tier Radial™サイクロン:

他の掃除機には「99.9%吸引力が変わらない」と主張しているものありますが、実際は吸引力が低下しゴミは取り残されます。それはサイクロンの性能が低いため、微細なゴミを捕らえるためにフィルターに頼っているからです。掃除機を使っているうちにフィルターはあっという間に目詰まりし、吸引力が低下して室内にゴミが残ります。「フィルターレス」サイクロンテクノロジーを使用している、と主張していたとしても掃除機のどこかに必ずフィルターを必要とします。

ダイソンの掃除機は強力で安定した吸引力を維持して最も多くのゴミを吸い取ります。最新のDyson Ball™掃除機は特許技術2 Tier Radial™ サイクロンテクノロジーを搭載。2段に分かれた24個のサイクロンが同時に動いて強い遠心力を生み出し、気流の中から0.5ミクロンもの微小な粒子を捕らえます。そのためフィルターまで到達する粒子の数は大幅に減少され、安定した高い吸引性能を維持して室内のゴミを最も多く吸い取ります。

ダイソンデジタルモーターV4:

7年の開発期間をかけたダイソンデジタルモーターV4は、世界最小クラスの1150Wモーターです。機械工学、電気工学、空気力学を統合することで、ダイソンのエンジニアは直径わずか85mm、効率的で出力密度の高いパッケージを生み出しました。回転数は1分間に最大101,000回転。これは従来型モーターの最大3倍の速さです。このモーターが開発されなければ、Dyson Ball™掃除機が生まれることはありませんでした。小さくて軽いダイソンデジタルモーターV4のおかげで、Dyson Ball™掃除機の軽量化と小型化が実現しました。

室内の空気よりもきれいな排気:

特許取得のサイクロンテクノロジーを採用したDyson Ball™掃除機は、花粉、カビの胞子、バクテリアといった微細な粒子を空気の流れから分離します。0.3ミクロンという極めて小さな物質まで、微粒子の99.97%以上を永続的に捕らえます。掃除機から出る空気はすべて、HEPAレベルに準拠したフィルターを通して排気されます。

優れた操作性:

Dyson Ball™掃除機は、家具やその他の障害物を容易に避けられるように設計され、小さい回転半径により即座に方向転換が可能です。モーターなどの重量のあるパーツをボール部分に格納することで、掃除機の重心が低くなり安定性が増します。室内での操作性と正確性は補助操舵メカニズムによってさらに向上します。

騒音レベルの低減:

ダイソンのエンジニアは、すべての製品に対し音を改善する方法を探し続けています。今回はボール、サイクロン、クリーナーヘッドの改良により、運転を低減し音質も改善しました。ダイソンデジタルモーターV4のコンパクトさは、これらの音の進化を可能にしました。ご近所や小さなお子様への影響も抑えます。

なお、Dyson Ball Animal+Fluffy掃除機は、発表に先立ちダイソン旗艦店のDyson表参道、ダイソン公式オンラインストアや全国の家電量販店等にて発売を開始しています。

ジェイク ダイソン

上記の他にクリーナーヘッドがタービンヘッドの新製品も以下2点発売します。

Dyson Ball Turbinehead+

  • 付属ツール: カーボンファイバーソフトブラシ、リーチアンダーツール、フトンツール
  • 価格(税別): 59,800円

Dyson Ball Turbinehead

  • 付属ツール: フトンツール、コンビネーションノズル
  • 価格(税別): 54,800円

Dyson Ball Animal+Fluffy 詳細はこちら
Dyson Ball Animal+Fluffy 公式オンラインストアはこちら