Dyson Supersonic™ヘアードライヤー|プレスリリース|ダイソン

2016年4月27日

スピーディー、的確かつインテリジェントに
Dyson Supersonic™ヘアードライヤー

ダイソン株式会社(東京都千代田区:代表取締役 麻野信弘、以下ダイソン)は、4月27日(水)にダイソン初となる美容家電、Dyson Supersonic™(ダイソン スーパーソニック)ヘアードライヤーを世界に先駆けて日本にて発表しました。4月28日(木)よりダイソンの旗艦店「Dyson表参道」にて発売を開始し、5月11日(水)より順次、全国の量販店など200店舗で先行展開いたします。

従来のヘアードライヤーはヘッド部分が大きいため操作性が悪く、強い熱風で髪に過度の熱ダメージを与えることもあります。また、従来品の中には、髪がフィルターに吸い込まれて絡まる危険性があるものもあります。これらの問題があったにもかかわらず、ヘアードライヤーの形状は1960年代からほとんど変わらないままでした。

これらの不満を解決すべくダイソンのエンジニアが開発に挑んだDyson Supersonic™ヘアードライヤーの特徴は、高速かつ狙いを定めやすい風、過度の熱ダメージから髪を守るインテリジェント・ヒートコントロール、そして、手に持ったときのバランスを考慮して設計されたデザインです。

創業者のジェームズ ダイソンは、次のように述べています。 「従来のヘアードライヤーの中には重く非効率で、大きな音を生じるものが多々あります。また、髪に過度の熱ダメージを与えてしまう製品もあります。そこで、私がダイソンのエンジニアに課したのが、毛髪に関する理解を科学的に深め、ダイソンとして提案すべき解決策となるヘアードライヤーの開発です。」

毛髪の科学

ダイソンはDyson Supersonic™ヘアードライヤーの開発にあたり、毛髪の科学研究専用に最新鋭の実験施設を整備するなど、総額5,000万ポンド(約95億円*)を投資しました。ダイソンのエンジニアは毛髪を様々な角度から研究し、ストレスへの反応や健康に保つ方法、スタイリングについての理解を進めました。

髪を乾かす方法は、国や地域、個人レベルにおいて多種多様です。4年間に渡り様々なタイプの毛髪を用いた製品テストを実施し、毛髪の乾燥を機械的にシミュレーションする試験装置が作られました。実験ではこれまで、全長1,625kmを超える本物の人毛を使用しました。

モーター駆動

Dyson Supersonic™ヘアードライヤーは、特許取得のダイソン デジタルモーター V9(ブイナイン、以下DDM V9)で駆動します。DDM V9はDyson Supersonic™ヘアードライヤーのために15人を超えるモーターエンジニアが自社開発した、ダイソンの最新、最小、最軽量のデジタルモーターです。

DDM V9は他のヘアードライヤー用モーターより最大で8倍速く回転し、重量は最大で半分にまで軽量化されています1。また、DDM V9はパワフルでありながらコンパクトな設計になっており、ハンドルに収まるサイズです。従来のヘアードライヤーはモーターがヘッド部に搭載されていますが、DDM V9は小型なのでハンドル部分に設置することが可能となり、重心のとれたバランスの良い設計になりました。

1 日本国内の売上げ上位10機種のヘアードライヤーとの比較。2015年3月現在。

自然な輝きを保つ

特に従来のヘアードライヤーは髪に近づけて使用すると非常に高い温度に達することがあります。これでは、髪に過度の熱ダメージを与えてしまいます。Dyson Supersonic™ヘアードライヤーは、インテリジェント・ヒートコントロールを搭載し、髪が極端な熱にさらされないよう配慮しています。ガラスビーズを用いたサーミスター(温度センサー)が毎秒20回温度を測定し、データをマイクロプロセッサーに送ります。データを受けたマイクロプロセッサーは、特許取得の2段積みヒーターをインテリジェントに制御します。

スピーディーに、狙い通りに

Dyson Supersonic™ヘアードライヤーには、ダイソンが羽根のない扇風機で特許を取得したAir Multiplier™(エアマルチプライアー)テクノロジーを採用しています。同テクノロジーにより、モーター部が取り込んだ空気を3倍に増幅し、高圧・高速気流を生み出します。

従来のヘアードライヤーは風量が少なく、効率が悪いことがあります。また、風量は多いものの、そのコントロールができないこともあります。Dyson Supersonic™ヘアードライヤーなら、狙った場所に風を送ることができます。正確で思い通りのヘアードライとスタイリングのために、吹き出される風に20°の傾斜をつけました。これにより、髪を乾かしながらスタイリングが同時にできます。

音響工学

ダイソンの空力音響エンジニアチームは、Dyson Supersonic™ヘアードライヤーの音響特性の最適化に努めました。モーター内部に軸流インペラーを搭載することで空気の流路を単純化し、乱気流・旋回流を抑えました。また、インペラーのブレード数を通常の11枚から13枚にすることにより、モーター内で発生する音域を1トーン上げ、人の可聴域の上限を超える高周波に設定しました。

さらに、コンパクトなモーターをハンドルに格納し、周囲に消音器を取り付けることでさらなる静音化に成功しました。Dyson Supersonic™ヘアードライヤーは、スピーディーな機能を犠牲にせず静音化を目指して設計されたヘアードライヤーです。

【特記事項】

Dyson Supersonic™ ヘアードライヤー:

  • 開発に約5,000万ポンド(約95億円*)を投資
  • 研究、設計、開発のための専用の最新毛髪研究所を整備
  • 全長1,625km分の人毛を実験に使用
  • 600機のプロトタイプを製作
  • 100件を超える特許を申請中(付属品分も含む)
  • 付属品だけで16件の特許を申請中
  • 4年の開発期間
  • 103名のエンジニア

日本のヘアーケア産業:

4億5,200万ドル(542億4000万円 – 1ドル=120円換算)

ヘアーケアに関する慣習2

  • 50%の人が自分自身の全体的な容姿や気分を左右するのに「非常に重要」と回答。
  • 女性が保有する平均的なスタイリング機器の数は3.3個。
  • ヘアードライヤーを所有している人の割合は、日本では96%、米国では91%。
  • 日本では男性の91%がヘアードライヤーを所有および使用。

2 ダイソン調べ。日本、米国、英国における合計400人以上の男女の、髪を乾かす際の慣習を分析。

直販限定モデル:

ジェームズ ダイソンがデザインしたレザーボックスに入ったDyson Supersonic™ヘアードライヤーをDyson表参道とダイソンジャパンの公式オンラインストア限定で4月28日から販売します。クラシックな双眼鏡用のレザーケースにインスピレーションを得たジェームズは、革そのものからその品質、コーティング、色、耐久性に至るまで、詳細に検討しました。縫い目についても、糸の量、色、種類まで調査しました。さらに留金のデザインに対しても性能実験を行いました。ダイソンのテクノロジー開発同様、ケースもあらゆる面を吟味し、モノとの対話を通じてデザインされました。直販限定モデルの金額は55,000円(税抜)です。

ダイソンについて:

  • 75:ダイソンの製品は75を超える国々で販売されています。
  • 15億ポンド:ダイソンは将来のテクノロジーに15億ポンド(約2,700億円)の投資を公約しています。今年は英国本社マルムズベリーの新研究デザイン開発所の開所により、施設への2億5,000万ポンド(約450億円)の投資を達成します。また、ダイソンは4つの新しいテクノロジーポートフォリオを開発中であり、今後4年間で100の新製品を世界で発売する予定です。
  • 500万ポンド: ダイソンは初期段階のテクノロジー開発に向け、世界で30を超える大学と提携しています。中でも、インペリアル・カレッジ・ロンドンと共同で設立するロボット工学ラボには500万ポンド(約9億円)を投資しています。
  • 6,000+:ダイソンの従業員数は世界で6,000人以上おり、その3分の1がエンジニアです。

2015年時、1ポンド=190円換算

Dyson Supersonic™ヘアードライヤー ラインナップ:

付属品と設定:

  • これらの付属品はヒートシールドテクノロジーにより2層になっているため表面が加熱されることがなく、触っても熱くありません。
  • 各ノズルはマグネット式なので、簡単に着脱し、風向きを変えることができます。
  • 4段階の温度(温風温度1~3段階、セットを固定させるための冷風)、3段階の風量、コールドショット
    (ボタンを押し続けた際に出る冷風)と多彩な設定があります。

Dyson Supersonic™ヘアドライヤーの詳細はこちら