2015年度の業績発表|プレスリリース|ダイソン

2016年3月23日

ダイソン、2015年度の業績発表
テクノロジーへの集中的な投資で
売上高17億ポンド(約3,060億円)を達成

2015年度の主な実績

  • 売上高:26%増の17億ポンド(約3,060億円)という記録的な成長を達成
    ダイソンのテクノロジーに対する世界の需要が牽引
  • 利益:19%増の4億4800万ポンド(約806.4億円)
  • 新しいテクノロジーへの投資:2億600万ポンドに増加(約370.8億円)
  • 世界中で2,084人のエンジニアを採用
  • 中国は3倍以上に成長、グローバルにおける成長は成熟市場が下支え
  • 製品デモを通じてダイソンのテクノロジーを体験できる初の旗艦店を東京の表参道にオープン。2016年夏にはロンドンのオックスフォード・ストリート等にも同様の店舗をオープン予定

2015年、ダイソンはテクノロジーを原動力として世界的な成長を遂げました。これは、高性能バッテリーで作動するコードレス掃除機が引き続き牽引役でありながらも、空気清浄機や加湿器を中心としたアジアにおける空調家電の製品群を強化したことによるものです。

ダイソンは2016年、社内の研究開発に1週間あたり500万ポンド(約9億円)を投資し、さらに今後3年間では社外の提携関係各所に対し1億ポンド(約180億円)を投じる予定です。現在、40の新製品が開発段階であり、20の大学と50件の研究プログラムが進行中です。

2億5000万ポンド(約450億円)を投じて英国本社の研究デザイン開発拠点を拡張し、独自の技術開発に対し15億ポンド(約2,700億円)の投資を計画しています。そして2016年は、同施設の第一フェーズがオープンします。拡張された規模は、既存の研究デザイン開発施設の2倍です。

創業者兼チーフエンジニアのジェームズ ダイソンは次のように述べています。「テクノロジーへの投資を強化し、さらなる研究開発に取り組むことによって、より良い性能の製品を開発し、現状を打破したいと考えています。ダイソンでは若い人たちの斬新な発想を大切にしており、事実、当社エンジニアの平均年齢は26歳です。」

CEOのマックス コンツは次のように述べています。「2015年はアジアとヨーロッパ全体で顕著な成長が見られた年でした。これは、世界中の人々がより良いテクノロジーを求めていることの現れです。2016年は、よりエキサイティングで一層スマートな独自技術を導入し、革命的な存在となるべく態勢を整えたいと考えています。」

テクノロジーのハイライト

2015年、ダイソンは5つのカテゴリーで17の新製品を発表し、販売台数は世界で1,000万台でした。

インテリジェント・テクノロジー: 2015年、Dyson 360 Eye™ロボット掃除機の販売を日本で開始しました。その後、他市場で実施したトライアルテストで良好な結果を収めたため、2016年夏から日本以外の市場でも販売を開始します。

  • 2005年以降、ダイソンのエンジニアはインペリアル・カレッジ・ロンドン、および世界を代表する研究者、アンドリュー デーヴィソン教授と協力し、2500万ポンド(約45億円)を投資して、ロボット掃除機がより高い性能で周囲環境を解析できることを目指します。

コアテクノロジー: コードレス掃除機の販売は2015年に世界で66%伸び、ダイソンのシェアは今や世界市場で4分の1を占めています。核となるデジタルモーターと、バッテリーテクノロジーへの投資を継続していることが、成長を支えています。

  • シンガポールにあるダイソンのオートメーション化されたモーター製造ラインは、世界で最先端の製造設備のひとつで、年間1,100万台のモーターを製造しています。ダイソンは過去17年間でデジタルモーター技術に3億ポンド(約540億円)を投資しており、精巧な技術の次世代版がまもなく公開される予定です。
  • ダイソンは、今後5年間でバッテリーテクノロジーに10億ポンド(約1,800億円)を投資します。社内のバッテリー開発チームは過去7年間、マルムズベリー本部の次世代バッテリー研究施設で、コードレス掃除機とロボット掃除機向けにバッテリーテクノロジーの最適化と開発を進めてきました。ダイソンは2015年、ミシガン州に拠点を置くSatki3(サクティースリー)を買収しました。同社の固体バッテリーテクノロジーを製品化し、新技術や既存技術と組み合わせることを計画しています。

空調家電: アジアでの堅調な伸びが下支えしたことで、35%成長しました。Dyson Hygienic Mist™加湿器は中国の加湿器市場を牽引する製品です。また、空気清浄機能を兼ね備えた製品導入が、2016年の世界的成長を促す上で最も重要な材料であると考えています。

プロフェッショナル: Dyson Airblade™ハンドドライヤーに代表されるダイソン プロフェッショナル製品群にはJake Dyson Lightingが加わり、その結果素晴らしい実績を残しました。2016年は、さらなる製品投入が予定されており、製品群も拡充されます。

地域別主な実績

アジア太平洋地域は2015年に70%成長し、今やダイソン全体の売上を牽引する重要な地域。

  • 中国は2015年にダイソンの主要市場として最も急速な成長を見せ、収益は222%増加しました。
  • 日本は48%成長し、ダイソンにとって米国に次ぐ2番目に大きな市場です。
  • 韓国は185%成長し、ダイソン内の売上上位トップ10市場入りしました。
  • 台湾は33%成長し、ダイソンが同地域の掃除機市場をリードしました。
  • オーストラリアは35%の成長を達成、家電ブランド、および急成長の耐久家電ブランドとしてナンバー1を獲得しました。また、オーストラリアにおける最も信頼性の高いブランドとしてトップ5に入っています。
    リーダーズ・ダイジェストの最も信頼できるブランドに関する調査

ヨーロッパは38%成長し、コードレス掃除機の売上が倍増したことで、ダイソンはヨーロッパを代表するメーカーとなりました。

  • ドイツでは販売台数が46%増加。独占していた国内企業を抜き、ダイソンは掃除機市場を代表する存在となりました。
  • オーストリア、スイス、フランス、ベルギー、オランダにおいてリーディングカンパニーの地位を確立しました。

北米: 米国は2016年、ダイソンにとって最も利益率の高い市場になるであろうと予想され、カナダの2015年度の成長は25%でした。

英国とアイルランド: コードレス掃除機ビジネスが2倍に拡大し、23%成長を遂げました。

ジェームズダイソン財団の主な実績

ジェームズ ダイソンとジェームズダイソン財団は、慈善目的で総額5,500万ポンド(約99億円)を寄付しました。

  • 2015年、ジェームズダイソン財団はダイソンデザイン工学研究科を開設するための資金として、インペリアル・カレッジ・ロンドンに1,200万ポンド(約21.6億円)を寄付することで合意しました。この研究科では、4年間のデザイン工学専攻修士課程を新たに設け、クリエイティブかつ理論的なエンジニア集団の育成に努めます。
  • 2016年5月、ジェームズダイソン財団から800万ポンド(約14.4億円)の寄付を受けたケンブリッジ大学が、新たな研究拠点をオープンします。ダイソン・ビルディングでは、1,200名の大卒エンジニアが世界最先端の研究に勤しんでいます。また、工学部の学生を対象としたデザインや模型作りのワークショップにも財政支援が行われています。
  • ジェームズ ダイソン アワード2015は、ウォータールー大学(カナダ)のエンジニアチームが受賞しました。このチームが開発した「Voltera V-One」は、デスクトップ型のPCBの3Dプリンタで、設計図をたった数分でプロトタイプ基板に落とし込むことができます。
  • 2015年、13万5,000ポンド(約2,430万円)相当のダイソン製品が慈善医療活動に寄付されました。従業員からの募金とマッチ・ファンディングの仕組みを通じて集めた4万ポンド(約720万円)が、英国の認知症研究機関「英国アルツハイマー病リサーチ(Alzheimer’s Research UK)」に寄付されました。
  • 2015年、ジェームズダイソン財団が世界の学校に寄付した教育資金は2014年と比べて3倍となり、応用工学を学ぶ 10万人以上の若者がその恩恵を享受しました。

特記事項

 


  • ダイソン製品は現在世界の72の市場で展開され、その9割以上が英国外で販売されています。
  • ダイソンのエンジニアの平均年齢は26歳です。
  • ダイソンは現在、エンジニアリング部門で200名の人材を募集しています。
  • 2016年、ダイソンは市場調査会社YouGovによる調査BrandIndexで、英国で最も好きなブランドのトップ10に名を連ね、M&S、YouTube、Apple、Waitrose等を抑えて5位にランクインしました。
  • 2016年、統計調査企業StatistaによるBloombergのレポートによると、ダイソンは英国で最も働きやすい企業の5位にランクインしました。
  • 2016年、英国の大企業(約半数がロンドン証券取引所の株式指標FTSE 350の企業)の社長100人を対象とした調査によると、ダイソンは最も称賛すべきブランドの4位にランクインしました。

※1GDP=180円で換算しています。

ダイソン ジャパンをFacebookでフォローしてください。
https://www.facebook.com/DysonJP

プレスリリースをダウンロードする

一覧に戻る